案内板をわかりやすいものにするためには何をするべきか?

イメージ

案内板は、迷わずに目的地までたどり着くために設置されています。
そのため、「わかりやすいもの」が求められているのですが、どうすればわかりやすい案内板を作成することができるのでしょうか?

わかりやすくするためのポイントは複数ある

街や道路、観光地などに設置されている案内板によって、迷わずに目的地までたどり着くことができたという経験、誰にでもあると思います。
目的地まで迷わずにたどり着くには、「わかりやすい」というのが大きなポイントです。
では、わかりやすくするためにはどうすればよいのでしょうか?

○ 情報を詰め込みすぎないこと
○ 文字だけでなくイラスト・矢印・カラー・デザインを工夫すること
○ 文字の大きさや文字の太さに注意すること
○ 看板のサイズを見やすい大きさにすること
○ ユニバーサルデザインにすること

代表的なポイントとしては、上記のようなものがあります。
まず、重要となるのが情報を詰め込みすぎないようにすることです。
多くの情報が書かれていた方が、親切だと考える人もいるようですが、案内板に求められているのは、必要な情報だけを必要な人に伝えるということ。
ですから、余計な情報はかえって利用者を混乱させることになってしまいます。

また、文字だけで伝えるのではなく、必要に応じてイラスト・矢印・カラー・デザインを工夫することでよりわかりやすい、伝わりやすい案内板となるでしょう。
遠くからでも目立つ、年配の方でも見やすい文字の大きさや文字の太さを意識することも、わかりやすい案内板を作成するには重要となります。

それから、文字だけでなく看板のサイズも大切です。
設置場所にあわせて最適なサイズを選ばないと、小さすぎて気づかない、見落としてしまうという可能性もあります。

その他では、ユニバーサルデザインにするということです。
ユニバーサルデザインにすることで、年齢・性別・国籍・文化・身体の状況に関わらず必要な情報を伝えることができます。
空港や駅などの公共機関には、様々な人が利用することになるので、特定の人に向けた案内板ではなく、すべての人に向けたもの(ユニバーサルデザイン)にするのがよいでしょう。
そうでなければ、一定の人には内容が伝わるが、それ以外の人には内容が伝わらなくなってしまう恐れがあります。

道路案内ではイラストを用いて様々な案内を行っている


わかりやすい案内板と言えば、高速道路や一般道に設置されている道路案内があります。
例えば、高速道路では、文字だけでなくイラストを用いて視覚的にわかりやすく、道路の状況を正確に把握できるように工夫されているのです。

○ イラストで「急カーブ」の表示を行う
○ 各車線の行き先を、イラストを用いて表示する
○ 分岐点の表示を、イラストを用いて行う
○ 落石注意や下り坂への注意を行う

高速道路では、看板をじっくり見ている余裕はありません。
そのため、ドライバーに対して瞬時に、必要な情報を正確に把握してもらうため、イラストを用いてわかりやすく表示されています。

高速道路を運転したことがある人なら、必ず見かけたことがあると思いますが、急カーブ、車線の行き先、分岐点、落石注意、下り坂、横風への注意などの看板があります。
文字ではなく、イラストを用いることで、より素早く正確に、道路の状況、その先に何があるのか、どこを走ればよいのか、何に注意するべきかなどの情報が伝わりやすくなるのです。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

わかりやすい案内板を作るならミセル

ここまで、わかりやすい案内板を作るために重要なポイントや、実際にどのような工夫がされているのかについて紹介しました。
では、実際に作る場合どうすればよいのでしょうか?
最もおすすめなのは、ミセルを活用するという方法です。
ミセルでは、様々なシーンでご活用いただけるように、サイズ・形状・カラーなどのバリエーションが豊富。
デザインも豊富に準備された中から選ぶだけで、簡単に作れますし、リーズナブルな価格で1個から作れるのが大きな魅力となっています。
また、デザインについては、お使いのPCから自分にあったものを選び、試しながら決められるので失敗のリスクが大幅に低減できるのです。
会社やお店のロゴマークを入れて印刷することもできるので、幅広くご活用いただけます。
わかりやすい案内板を作るなら、1個から簡単に作れるミセルがおすすめです。
ぜひ、ミセルをご活用くださいませ。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

まとめ

案内板は、目的地にたどり着くために欠かせないものとなっています。
ただし、ただ設置すればよいというものではなく、わかりやすいものにしなければなりません。
見た人が素早く、必要な情報を正確に受け取れるようにするのが大切です。
そのためには、文字だけでなくイラストを入れる、矢印を入れる、カラーやサイズ、デザインなどを工夫する必要があります。
わかりやすい案内板を作るのなら、1個から作れて価格もリーズナブルなミセルがおすすめです。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定