遠くからでも目立つ色の看板とは?そのメリットについて

イメージ

看板を設置する目的はいくつかあります。
例えば、「お店や会社の存在を知ってもらう」「販売している商品やサービス、イベントについて知らせる」などの目的です。
また、近くの人に注目してもらうか、遠くの人にも注目してほしいのかによって、設置する看板のタイプやサイズが変わるのです。
今回のコラムでは、「遠くからでも目立つ色」や、遠くの人にアピールするメリットについて解説します。

遠くからでも見える看板は多くの人に見てもらえる

看板を作成する際の重要なポイントが、「誰にアピールするか」です。
誰にアピールするかを決めないと、設置する看板の種類やサイズ、デザインが決まりません。
基本的には、2つの考え方ができます。
「お店や会社の近くを歩いている人に知らせる」という考え方と「遠くの人にも知ってもらう」という考え方です。
近くを歩いている人だけに知ってもらうのであれば、それほど大きなサイズの看板は必要ありません。
また、文字のサイズや色などに工夫をしなくてもお店や会社の存在をアピールできます。
しかし、遠くの人にも知ってほしいという場合、サイズや文字の大きさ、色などに注意が必要となるでしょう。
遠くからでも見える看板を作成するメリットは、以下のようなものです。
○ 車を運転しているドライバーや遠くを歩いている人などより多くの人にアピールできる
○ より大きな集客効果を期待できる
○ 照明などを使えば、夜間でも多くの人に存在を知ってもらえる

具体的なメリットとしては、より多くの人にお店や会社の存在を知ってもらえることです。
近くの人に向けて看板を設置するのもよいですが、そうすると見てもらえる人はどうしても限られてしまいます。
近くに来た人でないと認識できないので、どうしても多くの人に知ってもらうことは難しくなるでしょう。
しかし、遠くからでも見える看板を作れば、運転中のドライバーや遠くを歩いている人にも存在を認識してもらえます。
単純に多くの人にアピールできるので、より大きな効果を期待できるのです。
それから、看板に照明を設置すれば夜間でも大きな宣伝効果を得られるでしょう。

遠くからでも目立つ色は「赤」や「黄」だがイメージも大切


「遠くの人にもアピールしたい!」そんなときは、目立つ色を使うのが良いと考える人が多いでしょう。
遠くからでも目立つ色としてよく知られているのが、「赤色」や「黄色」です。
例えば、車をよく運転する人なら目にする機会が多い交通標識。
具体的には、「止まれ」「車両進入禁止」「最高速度の標識」などにも赤色が使われています。
看板以外では、消防車やサイレンなども赤色が使われていますが、これは赤色が遠くからでも目立つ、目を引きやすい色だからとも言われているのです。

それから、「黄色」については「交差点あり」「路面凹凸あり」「幅員減少」など「警戒標識」によく使われています。
つまり、赤色や黄色は遠くからでも目立つ色、人間の注意を引きやすい色と言えるのです。
ですが、「すべての看板に赤色や黄色を使えばよいのか?」というと必ずしもそうではありません。
お店や会社、販売する商品や提供するサービスには「それぞれのイメージ」があります。
例えば、自然をテーマとしているお店や会社が赤色や黄色を使った看板を設置していたらどう感じるでしょうか?
おそらく多くの人は、イメージと違うと感じるはずです。
自然をテーマにしているのであれば、赤色や黄色よりも緑色や青色の方がイメージと合います。
目立つからという理由だけで、看板の色を決めてしまうのは適切ではありません。
お店や会社のイメージにぴったりの色も使うのがポイントです。
色は単色で使うだけでなく、他の色と組み合わせて使うこともできます。
「赤色と白色」「青色と白色」「赤色と橙色」などのような組み合わせです。
相性の色を見つけながら決めるのもよいでしょう。

看板を作成する際におすすめなのがミセルです。
ミセルには、様々なシーンで使える豊富なデザインテンプレートがあります。
遠くからでも目立つ色、デザインを簡単に決められるのが大きな魅力です。
また、ご使用中のパソコンで試しながら、理想に近いものを選べるのも魅力。
お店や会社の看板を作成するのなら、様々なニーズに応えられるミセルがおすすめです。
製品に関するご質問・ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

まとめ

遠くからでも目立つ看板を作成すれば、より多くの人に認識してもらうことができます。
多くの人に知ってもらうことで高い集客効果や売り上げアップが期待できるでしょう。
遠くからでも目立つ色は「赤色」や「黄色」ですが、必ずしもその色が最適な色とは限りません。
お店や会社のイメージにあわせた色を選択することも重要です。
看板を作成するのなら、豊富なデザインテンプレートのあるミセルがおすすめ。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談