店舗用看板を作る際には、目的とターゲットを明確にしよう!

イメージ

お店の顔とも言える、「店舗用看板」。
店舗用看板を作る際には、大切なポイントがあります。
その大切なポイントは、何か、なぜ重要なのかについて解説。
ぜひ、参考にしてください。

店舗用看板を作る際には、目的とターゲットを明確に!

お店の顔とも言える、店舗用看板を作る際には、「目的とターゲットを明確にする!」ことが大きなポイントになります。
目的とターゲットを明確にしないと、「誰にも、何も伝わらない、効果がない」ことになるでしょう。

設置する目的としては、幅広く多くの人に知ってもらう、どのような店舗・企業であるかを知ってもらう、「認知」を目的としたもの。
お店への誘導、つまり「集客」を目的としたものなどがあります。
この目的を明確にしておくことが大切です。
目的によって、設置する看板のデザインや伝えるメッセージは大きく変わるからというのが理由。

目的が決まったら、ターゲットを明確にするのが重要。
例えば、飲食店で「レストラン」と書かれた看板を設置します。
しかし、ただレストランと書かれても、「和食」なのか「洋食」なのかがわかりません。
「こだわりのカレー」「しゃぶしゃぶ 日本料理」などのように、何が出てくるのか、どのようなメニューがあるのかを書いた方が、訴求力を高められるでしょう。
ターゲットを明確にすることで、伝えたいメッセージやデザインも明確になります。

反対に、目的やターゲットを決めておかないと、誰にも何も伝わらないものになってしまうでしょう。

伝えたい想いはミセルで決まり!


目的やターゲットが明確になると、「伝えたい想い」が出てくることでしょう。
その、伝えたい想いを伝えるのに役立つのが、ミセルです。
ミセルは、一般の店舗から大型店舗・大型施設まで様々な場所で、伝えたい想いを伝えています。
1個からでも簡単に、リーズナブルな価格で作れるのが魅力。
豊富なデザインプレートが用意されているので、伝えたい想いにあったデザインを選ぶだけで作れます。
もちろん、デザインにもこだわりたい人は、「完全別注デザイン」も承りますので、ご相談ください。

▼別注デザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

まとめ

店舗用看板を作る際には、目的とターゲットを明確にすることが大切です。
目的とターゲットが明確になることで、伝えたい想いが決まります。
その、伝えたい想いが決まったら、ミセルでデザインを決めて、作りましょう。
デザインが苦手な方でも作れますので、お気軽にご相談くださいませ。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談