注意看板はどのような場所に設置すると効果的なのか?

イメージ

看板には、様々なタイプの種類のものがあります。
その中のひとつが、「注意看板」です。
注意看板は、宣伝や店舗情報ではなく、注意を呼びかけるために設置する看板。
どのような場所に設置すると、効果的なのかについて解説します。

注意看板を設置する場所とは?

街中などで注意看板をよく見かけるのは、次のような場所です。
・工事現場
・工場
・保育園・幼稚園・小学校の近くの道路
工事現場では、現在工事をしていることを示す看板が設置されています。
工事現場の周辺を通行する人や車に対して注意を促すという目的で設置するのです。

それから、工場などでもよく見かけます。
工場などでは、フォークリフトやトラックに対して、歩行者に注意するよう呼びかけるものなどを見たことがあるでしょう。
運転手に注意を促すことで、歩行者との事故を未然に防ぐ効果を期待できます。

保育園・幼稚園・小学校の近くの道路には、「飛び出し注意!」などのものを見かけたことがあるでしょう。
子どもは大人と違い、急に道路に飛び出してしまうことがあります。
予測のできない行動を取ることがあるので、周囲を走行するドライバーに子どもの存在に注意することを呼びかけているのです。
子どもの飛び出しによる交通事故を未然に防ぐ、事故を減らすためにも大きな効果を期待できます。

誰に何を伝えるかを明確にしよう!

他の看板を作る際にも言えることですが、「誰に、どのような注意を伝えるか?」を明確にしてからデザインを考えるようにしましょう。
誰に何を伝えるかを明確にしておかないと、何も伝わらに看板になってしまいます。
イラストや文言などを上手に活用して、未然に事故やトラブルを防ぐことが大切です。
ミセルでは、Web上に様々なデザインテンプレートをご用意しております。
見た人に、わかりやすく伝えられる注意看板を作るならミセルにおまかせください。
Web上で、お好きなデザインを試しながら作れるので、よりイメージに近く、効果的なものを作ることができますよ。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

まとめ

注意喚起の看板は、工事現場、工場、保育園・幼稚園・小学校の近くの道路などに設置されています。
デザインを考える際には、誰に、どのような注意を促すのかを明確にしてから考えるのがオススメ。
明確にすることで、伝えたい文言やイラストなどを決めやすくなるためです。
ミセルなら、豊富なテンプレートの中から選ぶだけで簡単に、効果的な看板が作れますよ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談