デジタルサイネージのメリットとデメリットについて

イメージ

駅・店舗・施設・オフィスなどで見かける「デジタルサイネージ」。
「見たことはある」「聞いたことはある」という人も多いでしょうが、メリットやデメリットについてご存じでしょうか?
今回は、最近増えているデジタルサイネージのメリットとデメリットについて紹介します。

最新情報の配信・時間帯に合わせた配信などがメリット

現在では、大型ショッピングモール・スーパー・医療機関・オフィス・ホテルなど様々な場所で「デジタルサイネージ」が活用されています。
なぜ、利用するところが増えているのか?次のようなメリットがあるからです。
○ 最新情報を配信出来る
○ 時間帯に合わせて内容を変更可能
○ 看板などよりも手間がかからない
○ 視認性を高められる
○ 広告だけでなく案内情報や店舗・施設情報など様々な情報を配信可能

最も大きなメリットは、「最新情報を配信出来る」ことです。
一般的な看板・ポスターの場合、印刷した情報を掲示します。
そのため、掲示されている情報が必ずしも最新の情報とは限りません。
最新の情報にするためには看板の内容やポスターをはりかえる必要があります。
しかし、デジタルサイネージであればデータを最新のものにするだけで最新情報を配信出来る大きなメリットがあるのです。

また、曜日や時間帯に合わせて表示する内容を変更可能という点も大きな魅力と言えるでしょう。
例えば、飲食店などで利用する場合には、ランチタイムの時間に「ランチタイムメニューや料金」などの表示が可能です。
店舗のタイムセールであれば、タイムセールの時間帯に合わせて「セール情報」を配信出来ます。
看板やポスターの場合には、曜日や時間帯に合わせて掲示するには、いちいち交換しなければなりません。
その点、手間がかからないデジタルサイネージは便利と言えるでしょう。

その他では、「視認性を高められる」点も大きなメリットです。
もちろん、看板やポスターなどでも視認性を高めることは可能。
しかし、デジタルサイネージは静止画だけでなく、動画・音声・音楽・アニメーションなどの配信に対応しているので、商品やサービスにより注目してもらえるという効果が期待出来ます。
皆さんも、動画や音声・音楽などが流れていると、ついついそちらに引き寄せされてしまうことがあるでしょう。

「複数の情報を配信可能」という点も見逃せません。
例えば、駅や施設などにはタッチパネル式のデジタルサイネージが利用されています。
その理由は、複数の情報を配信出来るからです。
看板やポスターの場合、それぞれの情報に応じた看板やポスターが必要になります。
その分のコストや設置スペースを確保しなくてはなりません。
ですが、デジタルサイネージなら、「広告」「案内」「店舗情報・施設情報」などを1台で配信可能です。
タッチパネル式を採用すれば、利用者が知りたい情報を選んで表示させることが出来るので、利用者にとっても便利と言えます。

「コストがかかる」「故障のリスクがある」のがデメリット

ここまでは、デジタルサイネージのメリットについて解説してきました。
しかし、メリットだけではなく、デメリットがある点も忘れてはいけません。
今度は、デメリットについて解説します。

○ 看板やポスターなどよりもコストがかかる
○ 故障のリスクがある
○ 電源が必要となる

まず、最も大きなデメリットは「看板やポスターよりもコストがかかる」点です。
たしかに、とても便利なのですが専用のディスプレイの購入やレンタル、インターネット環境、通信を行うためのハードやソフトなどが必要となります。
もちろん、看板やポスターなどもコストはかかりますが、デジタルサイネージと比較するとコストはそれほどかかりません。
初期費用はもちろん運用コストがかかるのが大きなデメリットとなります。

それから、「故障のリスク」についても考えなければなりません。
機器が故障してしまうリスクは意外と高いものです。
看板などでも転倒するリスクはありますが、転倒してしまうと情報を正しく表示出来なくなってしまいます。
また、屋外に設置する場合にはホコリやゴミ、風雨などにも注意しなければ故障のリスクが高まってしまうことになるでしょう。
もう1つ大きなデメリットは、電源が必要になるということです。
つまり電気を使いますので、コンセントなどが近くにないと設置が出来ないことになります。
様々な情報を配信出来るのが大きな強みでありますが、電気がなければ設置出来ないことを考慮すると意外と使える範囲が狭まってしまうと言えそうです。
設置を検討する際には、「メリット」だけに注目するのではなく、「デメリット」についてもしっかりと考えておく必要があります。

デメリットが少ないミセルの看板


デメリットについて考えると、必ずしもデジタルサイネージが良いとは言い切れません。
どうしても、デメリットに対する懸念が解消されないことでしょう。
では、もう少しデメリットの少ないものはないのか?
そこで、おすすめしたいのが「ミセルの看板」です。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

ミセルの大きな特長は、リーズナブルな価格で作成が出来る点。
価格は看板の種類やサイズ等によって異なりますが、低コストでの導入が可能です。
「コスト面」での課題をクリア出来ます。

それから、ミセルには屋内用はもちろんですが、屋外用の看板も多数ご用意しております。
また、転倒防止対策も可能なので「故障リスク」という点で非常に優れていると言えるでしょう。
大きな故障の心配が少ない、ミセルの看板は様々な場所でご活用いただけます。

ミセルの看板は、デジタルサイネージではありませんのでほとんどの場合、電気を必要としません。(照明付きなどを除く)
一度設置してしまえば、大きな運用コストなども必要としないので安心です。
「電源のない場所」でも設置が可能という点でもおすすめ。

ミセルの看板は、種類や形状が非常に豊富です。
そのため、特定の分野に限らず様々な業界でご活用いただいております。
他の看板と大きく異なるのが、事前にデザインを試せる点です。
ミセルでは、あらかじめ豊富なデザインテンプレートをご用意しております。
そちらのデザインテンプレートからお好きなデザインを選ぶだけで、お客様にあった看板を作成出来るのです。
ですから、デザインに関する知識や経験などがなくても、おしゃれな看板の作成が可能。
事前にお試しいただけるので、お客様の納得されたデザインで看板を作れるのが大きな魅力です。
デジタルサイネージも多くのメリットがありますが、ミセルの看板にも同じように多くのメリットがあります。
ぜひ、ミセルの看板の設置をご検討くださいませ。
ミセルでは、弊社サイトにて実際にどのような場所でご活用いただいているのかを、活用事例としてご紹介させていただいております。
ご確認いただければ幸いです。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

まとめ

デジタルサイネージには、最新情報を配信出来る、曜日や時間帯に合わせて内容を変更出来る、視認性を高めることが出来るなどのメリットがあります。
しかし、コストの問題、故障のリスク、電源の問題などのデメリットも存在しているのです。
デメリットが少ないのがミセルの看板。
ミセルの看板は、リーズナブルな価格で作れて、故障のリスクが低く、電源がない場所でも使えるのが大きな魅力です。
さらに、事前にデザインを試せるから、納得した看板を作れるので非常にメリットが多くなっています。
ぜひ、ミセルの看板をご活用くださいませ。

▼LINEで商品を探すこともできます。
ミセル公式LINE

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談