コーン用サインボードはどのような場所で使われている?

イメージ

三角コーンなどにサインボードを設置して使うのが、コーン用サインボードです。
基本的には、コーンに被せて設置するだけなので、簡単に設置ができます。
では、どのような場所で使われているのでしょうか?

駐車場・道路・工事現場などで活用されている

三角コーンに、サインボードを被せるだけで使えるコーン用サインボードは、次のような場所で活用されています。

○ 駐車場 (駐車禁止・徐行など)
○ 道路 (飛び出し注意)
○ 工事現場(中央線・歩行者通路・工事中・段差あり・立入禁止)

大きな魅力としては、サインボードを変えるだけで伝えられる内容を簡単に変更できるということです。
通常の看板だと、看板そのもののデザインを変えなければなりませんが、コーンはそのまま変えずにサインボードだけの変更で済むのは良い点と言えるでしょう。

より多くの表現が可能なミセルメッセージポール


コーン用サインボードが具体的にどのような場所で、どのような形で活用されているかについてご紹介しました。
より多くの表現が可能な製品としておすすめなのが、「ミセルメッセージポール」です。
一般的なコーン用サインボードよりもバリエーションが豊富で、様々なシーンでご活用いただけます。
例えば、次のような使い方が可能です。
○ 店舗 (カート置き場・会員募集中・SALE・ペット同伴できます・手指の消毒にご協力ください)
○ 施設(ボール遊び禁止・ペット持ち込み禁止・飲食禁止・携帯電話使用禁止・撮影禁止)
○ 公共機関(バスのりば・タクシーのりば)

▼製品詳細はコチラから
メッセージポール

上記に挙げたのはあくまでも一例ですが、目的や設置場所にあわせて伝えたい情報を簡単に伝えることができます。
また、ミセルメッセージポールは豊富なデザインテンプレートから、お好きなデザインを選ぶだけで簡単に作れますし、1個から作れて価格も非常にリーズナブルです。
一般的なコーン用サインボードでは、表現できるパターンが限られてしまいますが、ミセルメッセージポールならより多くの場所で様々な表現が可能となります。
ぜひ、ミセルメッセージポールをご活用くださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

まとめ

コーンにサインボードを付けることで、コーンサインとして活用できますが、どうしても表現できる幅は限られてしまいます。
そこで、おすすめなのがミセルメッセージポールです。
バリエーションが豊富なので、特定の分野や業界に限らず様々な場所でご活用いただけます。
ぜひ、ミセルメッセージポールをご活用くださいませ。

▼LINEで商品を探すこともできます。
ミセル公式LINE

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談