デジタルサイネージの欠点とは何か?導入前に確認しよう!

イメージ

デジタルサイネージの市場は、非常に伸びていると言われています。
そのため、これから導入を考えている方もいらっしゃることでしょう。
導入前に知っておきたいのが、「欠点」についてです。
どんなに良いもの、便利なものでも欠点はあります。
どのような欠点があるのでしょうか?

費用対効果が見えにくいのが最大の欠点

現在では、様々な場所で見かけるデジタルサイネージですが、良い点もあれば欠点もあります。
では、どのような欠点があるのでしょうか?
最大の欠点と言えるのが「費用対効果が見えにくいこと」です。
費用対効果とは、コストに対してどのくらいの効果があったのかということ。
デジタルサイネージは、一般的な看板やポスターなどと比較すると多くの初期費用がかかります。
しかし、設置後にどのくらいの効果があったのかを見極めるのは非常に難しいものです。

設置場所によっては、十分な効果を得られていない可能性もあります。
それから、情報を表示するためにディスプレイを使用しますが、こちらの故障のリスクがあるという点も大きな欠点と言えるでしょう。
看板やポスターの場合であれば、「故障のリスク」について考える必要はありません。
ですが、デジタルサイネージで機器が故障してしまった場合には、情報を表示することが出来なくなってしまいます。

ミセルの看板の設置も検討してみる!

設置を検討する際には、「ミセルの看板の設置」も検討してみましょう。
どのような場所でも、デジタルサイネージが大きな効果をもたらすとは限りません。
人通りの少ない場所などに設置しても、見てくれる人が少なくコストほどの効果は得られない可能性があります。
そのような場合には、リーズナブルな価格で導入出来るミセルの看板がおすすめ。
様々なサイズ・形状がありバリエーションが豊富です。
写真やイラスト、会社やお店のロゴなどを看板に入れることも出来ます。
また、看板は1個からお作りいただけますので、無駄なコストがかかりません。
ぜひ、ミセルの看板もご検討くださいませ。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

まとめ

デジタルサイネージは、様々な情報をタイムリーに配信出来る魅力があります。
しかし、費用対効果が見えにくい、故障するリスクがあるというのが大きな欠点です。
とくに、設置場所によってはコストほどの効果が得られない可能性もあります。
そのような場合には、リーズナブルな価格で導入出来る、ミセルの看板をご検討くださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定