飛び出し注意の看板でおしゃれなものを作るための方法とは?

イメージ

子ども達や高齢者の安全を守るために設置するのが「飛び出し注意」の看板です。
看板には、様々なイラストが採用されていますが、作成するのならおしゃれなものを作りたいと考えている人も多いでしょう。
今回このコラムでは、おしゃれな看板を作るための方法やデザインのポイントについて紹介します。

看板デザインのポイントは「認識されやすい」こと

飛び出し注意の看板を作成する際に、重要となるのがデザインです。
このデザインによって、与える印象や認識されやすくなるかが大きく変わります。
まず、飛び出し注意の看板を設置する目的についてですが、これは子どもや高齢者などの安全を確保すること、ドライバーに対して注意を促し、交通事故のリスクを低減することです。

看板デザインのポイントを簡単にまとめると以下のようになります。
・注意するべき対象を明確化すること
・ドライバーに認識されやすい、目につきやすいデザイン・カラーにすること
・認識されやすいサイズにすること

最も重要となるのが、注意するべき対象を明確にすることです。
「子どもの飛び出し注意!」と書かれていれば、子どもの飛び出しの危険性があることを明確にできます。
もちろん、飛び出してくるのは子どもだけとは限りません。
高齢者の多い地域などでは、高齢者による飛び出しや自然豊かな地域では、動物が飛び出してくる可能性もあります。
子ども・高齢者・動物など対象となるものを言葉やイラストで看板にデザインすることで、どのようなものに注意すればよいのかをドライバーに伝えることができるのです。

それから、認識されやすい、目につきやすいという点も重要なポイントとなります。
注意するべき対象を明確化しても、ドライバーに伝われなければ意味がありません。
例えば、わざと目立つようにカラーを赤色にして目立たせることで、認識されやすくなるでしょう。

その他では、看板のサイズも重要となります。
小さすぎるものでは目立ちませんが、大きすぎると歩行者の通行の邪魔になってしまう恐れもあるのです。
どこに看板を設置するかを決めてから、適切なサイズを考えるようにするとよいでしょう。
住宅街や見通しの悪い場所などでは、少し目立つようにサイズを大きめに作るのもおすすめ。

おしゃれな看板の作成はミセルが最適


看板デザインのポイントについて解説してきましたが、せっかく作成するのであれば、おしゃれな看板にしたいと考えている人も多いでしょう。
ですが、市販のデザインだとどれもありきたりなデザインとなっており、おしゃれなものを見つけるのは困難です。
飛び出し注意の看板でおしゃれなものを作るのならミセルが最適。
ミセルの魅力は次のような点です。
① サイズや形状などバリエーションが豊富
② デザインをテンプレートから選ぶだけで作成可能
③ 1個から作れて、価格がリーズナブル
④ 十分な耐久力がある
⑤ 作成前に様々なデザインを試せる

ミセルには、様々な魅力がありますが、その中でもとくに大きな魅力と言えるのが「サイズや形状などのバリエーションが豊富」であることです。
そのため、業種や設置場所を問わず様々な場所で使えます。
おしゃれなデザインにしたいと考えても、デザインに関する知識がないため、デザイナーにイメージを伝えられない場合もあるでしょう。
しかし、ミセルはあらかじめ豊富なテンプレートをご用意しておりますので、お気に入りのデザインを選択するだけです。
もちろん、こだわったデザインにしたい方には、完全オリジナルデザインのご注文も可能。
保育園・幼稚園のロゴを看板に入れて作成することもできます。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

屋外に設置する場合、最も気になるのが耐久力についてですが、UVカットラミネートコーティングによって、長期間色鮮やかな状態を維持できるのです。
だから、屋外での設置・使用にも適していると言えるでしょう。

看板と聞くと、ある程度の個数を注文しないと作れないと思われがちですが、ミセルでは1個からお気軽にご注文いただけます。
価格も非常にリーズナブルとなっておりますので、お気軽にご利用くださいませ。

その他の魅力としては、実際に看板を作成する前にデザインをWeb上で試せる点です。
事前にデザインを試せるので、自分のイメージとかけ離れたものができあがるというリスクを大幅に低減できます。
おしゃれな飛び出し注意の看板を作成したいという方は、ぜひお気軽に弊社までご相談くださいませ。

設置することで注意を促し徐行してもらえる可能性が高まる


飛び出し注意の看板を設置することで期待できる効果は以下の通りです。
・ドライバーに注意を促すことで、減速してもらえる、徐行してもらえる可能性が高まる
・危険な場所を伝えられる

大きな学校や公園であれば、遠くからでもその存在や子どもが飛び出してくる可能性について、ドライバーはある程度予測することができます。
しかし、必ずしも公園・保育園・幼稚園・学校などがドライバーから見やすい位置にあるとは限りません。
住宅街や入り組んだ場所、見にくい場所にある場合には、「飛び出しの危険性」や「子どもが多く集まっている場所であるという認識」をドライバーが把握できない場合があります。
危険性がない場所の場合、一般的なドライバーは減速や徐行することが少なくなるため、事故が発生する危険性が高まってしまうのです。

看板を設置しておけば、遠くからでもドライバーに飛び出しの危険性や子どもが多く集まっている施設が近くにあることをアピールできます。
その看板をドライバーが認識すれば、減速や徐行して運転してくれる可能性が高まるのです。
事故を未然に防ぐのはもちろん、万が一事故が起きてしまった場合でも減速や徐行していれば、大事にならずに済む可能性が高くなるでしょう。
子ども達の安全を守るのはもちろんですが、ドライバーを加害者にしないためにも、子どもの多く集まる場所の近くや危険な箇所には、看板を設置するのがおすすめです。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

地域や各自治体との協力が不可欠

飛び出し注意の看板を設置するには、地域や各自治体との協力が不可欠と言えるでしょう。
自分の土地であれば、看板の設置について大きな問題とはなりません。
しかし、道路などに設置する場合には地域や各自治体との連携が大きなポイントとなります。
例えば、道路を管理しているのは一般的に各自治体となっていますので、設置するには許可が必要となるでしょう。
また、設置場所については、地域の中で情報を共有して危険な場所・設置が必要な場所を見極める必要があります。
各自治体でも、地域住民の多くの要望があれば、看板の設置に動いてくれる可能性が高くなると言えるでしょう。
ですから、地域や各自治体との協力は不可欠と言えます。
当然のことですが、無許可で勝手に他人の敷地に看板を設置することはできません。
許可が必要な場所については、必ず許可を得るようにしましょう。

▼LINEで商品を探すこともできます。
ミセル公式LINE

まとめ

飛び出し注意の看板でおしゃれなものを作りたいのなら、ミセルが最適と言えるでしょう。
サイズや形状などバリエーションが豊富ですし、保育園・幼稚園などのロゴを入れることも可能です。
1個から作れてリーズナブルな価格となっているのでおすすめ。
設置については、各地域や各自治体との協力が不可欠です。
自分の土地であれば、設置は簡単ですが、他人の土地に設置するには許可を得る必要があります。
子どもを守るためには、地域や各自治体と協力しながら、情報を共有して危険な場所に看板を設置して事故を未然に防ぐことが大切です。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談