手書き看板で集客力をアップさせるコツや重要なポイント

イメージ

飲食店などでよく見かけるのが「手書き看板」です。
手書き看板は、個性的なものもあり、上手く活用することで集客力アップにもなります。
しかし、「どのように書けばよいのかわからない」という人も多いようです。
今回は、手書き看板で集客力をアップさせるためのコツや重要なポイントについて解説します。

手書き看板のメリットは新しい情報を伝えられること

一般的な看板は、イラストなどが印刷されているものがほとんどです。
しかし、飲食店などでは手書き看板が使われることも多くなっています。
手書き看板のメリットは次のようなものです。
・書き換えることができる
・必要なときに、新しい情報をすぐに伝えられる
・デザインするための費用がかからない

まず、大きなメリットとして挙げられるのが、情報を書き換えることができる点です。
一般的な看板の場合、すでにイラストや伝えたいメッセージがすでに印刷されているので、書き換えることができません。
ですが、手書き看板であれば、必要なときに書き換えることができ、新しい情報をすぐに伝えられるというメリットがあります。
飲食店などでは、その日のおすすめメニューや季節の旬のもの、一般的な店舗であればセール情報などをすぐに発信できるのが魅力です。

それから、コスト面でも大きなメリットがあります。
業者に依頼して看板を作成する場合、デザインに多くの費用がかかりますが、手書き看板であればデザインや伝えたいメッセージは自分で書き込むので、大幅にコストを抑えられるのです。

上手に伝えるためのコツはシンプルで見やすいこと


手書き黒板で集客力をアップさせるためのコツについて紹介します。
コツは次のようなものです。
・伝えたい情報をシンプルに伝えること
・見やすい文字の大きさ・色を意識すること
・金額や数字を入れる
・両面に書き込む
・イラストを使う
よくある失敗例が、情報を詰め込みすぎてしまうというものです。
手書き黒板と聞くと、とにかく情報をたくさんいれなければならないと考えてしまう人が多くなっています。
しかし、情報が多すぎると何を伝えたいのかがわからないという状況になってしまうのです。
伝えたい情報をシンプルに伝えるのがコツ。
例えば、飲食店であれば、「本日のおすすめメニュー」などのようにシンプルでわかりやすく伝えるとよいでしょう。

それから、見やすい文字の大きさ・見やすい色を意識するのもコツです。
一般的な看板はパソコンで印字されるので、誰が見ても読みやすい文字・色が簡単に作れます。
しかし、手書きの場合には書く人の文字の癖が出ますので、読みやすさ・見やすさを意識しましょう。
小さな文字は読まれにくいですし、通る人にも伝わらずに通り過ぎてしまいます。
ある程度離れた位置からでも読んでもらえるように、文字の大きさや色を工夫するのがポイントです。
ただし、目立たせたいということでカラフルにしてしまうのは逆効果となります。
カラフルにすると一見華やかに見えますが、強調されている部分がわかりにくく、読む人が混乱してしまうのです。
黒板の色は、黒もしくは緑というのがほとんどです。
そのため、同色は避けて、白や黄色などを使うとシンプルで見やすい色となります。

その他では、金額や数字を入れるのもポイントです。
料理の値段やセールで10%OFFなどのように具体的な金額・数字を入れると通行する人の目に留まりやすくなります。
目に留まれば、お店に入ってもらえる可能性も高くなるので、具体的な金額や数字を入れてみましょう。

見やすくシンプルに情報を伝えても、文字だけでは伝えられる情報に限界があります。
「美味しい料理」と書いても文字だけでは美味しさを伝えることは難しいでしょう。
そこで、おすすめしたいのがイラストや写真を使う方法です。
イラストや写真を切り抜いて使うことによって、文字では伝えられない魅力を伝えることができます。
飲食店であれば、料理の写真を切り抜いて使用することで、看板を見た人にどのような料理であるか、美味しそうか、などを伝えられます。
イラストや写真を見て、「美味しそう」「食べてみたい」と感じてもらえれば、集客力アップにつながることでしょう。
もちろん、イラストが得意な人がお店にいるのなら、イラストを任せてみるのもよいでしょう。
他のお店には真似できない個性的な看板で他店との差別化ができるかもしれません。
イラストが苦手でも写真を上手く活用することで、魅力的な手書き看板は作れます。
お店の集客力アップのために、手書き看板を設置してみましょう。

▼おすすめの手書き看板はコチラから
ホワイトボード差替え式

雨の日にはレインカバーを使えば安心

屋外用の看板であれば、雨の日でも使えるように防水仕様となっているものがほとんどです。
そのため、雨の日でも安心して使用できます。
ですが、手書き看板の場合には、看板の種類や素材などによっても異なりますが、防水仕様になっていないものもあるようです。
また、デザインが印刷されているものではなく、ペンやチョークなどで手書きされているので、雨によって内容が消えてしまうこともあります。

雨の日でもお店の営業は行っているわけですから、雨の日でも手書き看板を使用してお客さんにアピールしなければなりません。
そのためには、どうするべきか、「レインカバー」を使用すれば問題を解決することができます。
レインカバーとは、簡単に言えば人間が雨の日に使用するレインコートのようなものです。
看板に被せるだけで、雨から手書きの文字やデザインを守ることができます。
レインカバーは比較的安価で購入できますので、雨の日の対策として購入しておくとよいでしょう。
レインカバーを使用する際には、看板の大きさに十分なサイズのものを選ぶのがポイントです。
サイズはいくつかありますので、看板全体を覆うことができるサイズを選びましょう。
また、使用方法についてですが、看板全体を覆った後で、看板の足の部分にひもで結ぶだけです。
カバーをしっかりと看板に固定できるので安心して使用できるでしょう。

販売している場所についてですが、看板の作成や販売を行っている専門業者などから購入できます。
インターネットで検索すると、簡単に見つけることができるでしょう。
インターネット通販なら、手間がかからずに自分の好きなタイミングで注文が可能です。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

まとめ

手書き看板は、書き換えることができる、必要なときに、新しい情報をすぐに伝えられる、デザインするための費用がかからないなどのメリットがあります。
上手に活用するためのコツは、シンプルで見やすいことです。
文字だけでなく、金額や数字などを入れる、イラストや写真を使うことで個性的で、魅力的な看板を作成できます。
飲食店や一般の店舗などにおすすめです。
雨の日でも安心して使えるようにするには、レインカバーを使用するとよいでしょう。
デザインや文字などを雨から守ることができるのです。
インターネットで検索すれば、簡単に購入できます。
手書き看板を上手に活用して、集客力アップを目指しましょう。

▼LINEで商品を探すこともできます。
ミセル公式LINE

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談