案内サインにはどのような工夫が求められているのか?

イメージ

道路や公園、その他施設などでよく見かける、案内サイン。
案内サインには、様々な工夫が求められていますが、具体的にどのような工夫が必要となるのかについて解説します。

案内サインに求められている工夫とは?

わたしたちは、非常生活の様々な場面で、案内サインに出会います。
道路上や公園、店舗や施設など様々な場所に設置されていますが、設置されていることによって目的地までたどり着くことができ、助かったという経験も多いでしょう。
あまり知られていませんが、様々な工夫がされているのです。
具体的にどのような工夫がされているのかは以下の通り。
・わかりやすく表示する
・文字の大きさ・色・ピクトグラムを工夫
・矢印などを使い、進行方向に迷わないようにする工夫

最も求められるのは、「わかりやすく表示する」ことです。
見たときに、すぐにどのような意味であるのかが理解できなければなりません。
わかりやすく表示するために、見やすい文字の大きさ・デザイン・ピクトグラム・矢印などを使うケースが多いです。
例えば、公園や施設に設置されている「トイレ」について考えてみましょう。
ただ、トイレと表示してあるだけでは、誰が利用してよいトイレなのかがわかりません。
「男性用」「女性用」と表示することで、誰が利用できるのかがはっきりとしますし、利用者が迷わずに済みます。

また、目的地までの道案内をするためには、矢印を活用する、目的地までの距離を表示することでよりわかりやすくなるでしょう。
案内サインは、伝えたい情報をそのまま伝えるのではなく、ここまで解説してきたように、見た人がわかりやすい、すぐに理解できるように工夫する必要があるのです。

わかりやすい案内サインの作成はミセル


様々な工夫をしなければならないことをご理解いただけたと思いますが、わかりやすい案内サインをどこで作成すればよいのかに迷ってしまうことでしょう。
そんなときにオススメなのが、ミセルです。
ミセルでは、わかりやすい案内サインを1個から、リーズナブルな価格で作成できます。
見やすいデザインテンプレートが豊富にあるので、デザイン選びに迷うこともありません。
ぜひ、ミセルをご活用くださいませ。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

まとめ

案内サインは、ただ伝えたい情報を伝えるだけでは不十分です。
見た人がすぐにわかる、理解できるようにするために、文字の大きさ・デザイン・ピクトグラムなどを工夫する必要があります。
わかりやすい案内サインを作成するなら、ミセルがオススメです。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談