サイン・看板照明の外照と内照のタイプの違いとは。それぞれのメリット・デメリットとネオンサインの豆知識

イメージ

サインや看板を制作する際、照明やライトの設置を検討するケースは珍しくありません。効果的に照明やライトを活用することができれば、看板の訴求力を大きく向上することができます。

一方、照明やライトにはさまざまな種類があるため、サインや看板にぴったりなタイプを選ばなけば、思った通りの効果が出にくくなってしまうこともあります。そこで今回は、ライトと看板の関わりについて、詳しく掘り下げて解説します。

看板照明を設置する目的と注意点

看板照明の種類について解説する前に「なぜ看板照明を設置するのか」という目的について解説します。一般的に、看板に照明を付ける目的としては「夜間や悪天候時の視認性を確保」、「防犯効果」、「看板の演出」が挙げられます。
その一方、看板照明を設置することで「電気代の増加」や「条例やガイドラインへの抵触」といったリスクもあるため、事前にしっかりと計画を立てる必要があります。

看板照明の種類と特徴

看板照明の種類は、光源を配置する場所によって「外照タイプ」と「内照タイプ」の2種類に大別できます。それぞれの特徴について紹介します。

外照タイプの看板照明

看板の上部や看板そのものに照明を設置するタイプです。店舗の名前などを知らせる壁面看板の上に「スポットライト(投光器)」を設置している光景を、見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。スポットライトの形状は、壁から伸びるアームの先端にライトが装着されている形状が一般的で、看板の大きさによってアームの長さや間隔を調整することで、環境に左右されずに一定の視認性を確保することができます。

外照タイプの看板照明は、壁面看板のほかにも袖看板や屋上看板、自律型看板、ポールサイン、野立て看板などさまざまな照明に設置することができます。また最近ではA型看板の上部を挟んで照らす「クリップ式」のライトも使われるシーンが増えています。

内照タイプの看板照明

看板の内側に光源を設置して照らすタイプを「内照式(タイプ)看板照明」といいます。コンビニエンスストアの店舗の上部には、内照タイプの看板照明が利用されていることが多いです。また、A型看板程度の大きさの内照タイプの看板は「電飾スタンド看板」もしくは「電飾看板」と称されることもあり、夜間を中心に営業する店舗などで多く利用されています。

内照タイプの看板は、光を透過しなければ店舗名などを訴求できないため、基本的にはアクリルなどの半透明な素材を利用する必要があります。

外照タイプと内照タイプのメリットとデメリット

外照タイプと内照タイプは、どちらも悪天候や夜間などの暗い環境でも「看板の視認性を確保できる」という特長があります。ただ、導入や運用面などはそれぞれメリットとデメリットがあるので設置する前にどちらが適しているのか検討する必要があります。

外照タイプの看板のメリットは、様々な看板に設置できる汎用性の高さです。また、基本的には看板の素材や色、大きさを問わず設置しやすいことも大きなメリットといえるでしょう。さらに「後付け」もしやすいので、既に設置済みの看板に取り付けることも可能です。また、電球の取り換えなどのメンテナンスもしやすいうえ、導入コストも内照タイプよりも安価なことが多いです。
一方、アームの「出幅」によっては看板の文字などに被ってしまい、昼夜のデザイン性が崩れてしまう可能性があるので設置前には意匠性を損なわないか確認する必要があります。また、アームの大きさや長さによっては、店舗の土地をはみ出してしまう恐れがあるのでトラブルを防止するためにも、事前のチェックが欠かせません。

内容タイプの看板照明は、看板の内部に光源があるためスペースを気にする必要がないのが大きなメリットといえるでしょう。もちろん、アームが文字などを隠してしまうリスクもありません。さらに看板全体を光らせることができるため、むらなく看板の文字などを訴求することができます。
デメリットとしては、設置費用などの「導入コスト」とメンテナンスなどの「運用コスト」が外照タイプよりも高くなることです。内照タイプはオーダーメイドの看板を作る必要があり、内部構造も外照タイプと比べると複雑なことから諸費用が高くなってしまいやすいのです。

看板照明はLED化が進んでいる

従来、看板照明には蛍光管などが利用されることが一般的でしたが、近年では外照タイプ・内照タイプともにLEDが採用されるケースが増えています。LEDのメリットは従来の電球と比べると、長寿命、低コスト、低熱量などが挙げられます。その具体例は以下のとおりです。

長寿命

LEDの一般的な寿命は40,000時間。白熱電球の約40倍、蛍光灯の約4倍、ハロゲンランプの約13倍とされる。

消費電力

40Wの白熱電球と同じ明るさのLEDライトの消費電力は5.8W程度。白熱電球の約6分の1、蛍光灯の約2分の1、ハロゲンランプの約6分の1。

発熱量

光源は熱をほとんど持たず、発光効果が時間とともに低下することもない。

そのほか、紫外線の放出が少ないため虫が集まりにくく看板を変色させる作用も少ないというメリットがあります。二酸化炭素やゴミの排出も抑制できるため、環境保護にもつながるでしょう。また、白色や電球のような暖かみのある色合いまで様々な種類が販売されています。

LEDのデメリットは初期費用は、従来の蛍光管などと比べると倍以上高くなることです。導入を検討する際は長期的にかかる経費を比較検討してより省コストな電球を選ぶ必要があるでしょう。

看板の豆知識:ネオンサインの歴史とイマ

看板と照明といえば「ネオン電球」を使ったサインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ネオン電球を手作業で曲げて発光させるネオンサインは、「ネオン街」とも称された歓楽街などを中心に様々な店舗で見かけることが多かったのですが、近年ではその数は減りつつあります。

ネオンサインの最大の特長といえば、白熱電球やLEDでは再現が難しい鮮やかな発色と独特のボケ感、そして表現の自由さです。電球の内部のネオンガスにアルゴンガスなどを加えることで、ピンクやオレンジ、青、緑、白などを発色させることが可能。最近では、店舗や個人用のインテリアとしても活用されています。

ネオンサインは1920年代にアメリカのユタ州で誕生し、多くのラスベガスのカジノなどの看板広告に採用されたことから世界中に広まりました。日本でも同年代に東京の銀座や日比谷公園、大阪などで取り入れられています。前述のとおり、LEDに取って変わられつつあるものの、現在はアート性に着目されるなど看板広告だけではない価値も高まっています。

サイン・看板と照明を上手に活用しよう

サイン・看板と外部・内部照明の関わりについて解説しました。上手に照明を活用することができれば、集客力の向上が図れますが、照明を設置しないケースと比べるとコストやリスクが増加する恐れもあります。そのため、事前にしっかりとそれぞれの照明について理解し、設置後のコストやメンテナンスの手間を含めて導入することをおすすめします。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談