行列整理の方法にはどのようなものがあるのか?オススメは?

イメージ

店舗や施設、イベント会場、銀行、空港などでは行列ができているシーンをよく見かけます。
行列をそのままにしておくと、大きな混乱やトラブルに発展する可能性があるため、行列整理の方法について知っておく必要があるのです。
このコラムでは、行列整理の方法とオススメの方法について紹介します

ベルトパーテーションならお手軽に行列整理できる

店舗や施設、イベント会場、銀行や空港などで起こる行列についてですが、どのような整理方法があるのか解説しましょう。
よく知られている方法としては、次のようなものがあります。
・整理券を配布する
・警備員を配置する
・ベルトパーテーションを設置する
などの方法がよく利用されています。
整理券を配布することで、整理できますが、どこでも利用できる方法とは言えません。
警備員を配置する方法もありますが、人件費がかかるのが大きな問題と言えるでしょう。
行列整理の方法として、オススメなのが「ベルトパーテーションを設置する方法」です。
ポールとベルトを使ったパーテーションで、銀行や空港のカウンターなどでも見かける方法。
コストを抑えられますし、ポールとベルトを使って簡単に誘導・整理ができるのが大きな魅力です。
どこに並べばよいのか、どちらに進めばよいのかが明確になるため、並ぶ人にもわかりやすいと言えるでしょう。

メッセージを表示するとさらに効果的に!


ミセルには、ベルトパーテーションを使った行列整理に役立つアイテムがあります。
それが、「ミセル ホルダー」です。
フルカラーとなっており、目立ちますので、非常に効果的。
「入口」「出口」「チケットカウンター」「外来受付」などのようなメッセージを表示できます。
行列ができやすい場所で、より効果的に行列を整理するのに有効です。
ベルトパーテーションだけでは、どこから入ればよいのか、どこから出ればよいのか、どちらに進めばよいのかが不明確となり、混乱や列に並んでいる人同士の大きなトラブルにもつながりかねません。
ぜひ、ミセル ホルダーを効果的にご利用くださいませ。

▼詳細はコチラから
ホルダー

まとめ

店舗や施設、銀行、空港、イベント会場などで起こりやすい行列を整理する方法には、いくつかありますが、コスト面などを考慮しても、ポールとベルトを使った方法が最もオススメです。
さらに、ミセル ワンタッチをあわせてご活用いただければ、より効果的となります。
ぜひ、ミセルシリーズをお試しくださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談