街でよく見かける案内板にはどんな意味や目的があるのか?

イメージ

街中でよく見かけるのが、「案内板」です。
今回、このコラムでは、そんな案内板にはどのような意味があるのか、どのような目的があるのかについて解説します。

利用者が迷わずに目的地にたどり着ける

街でよく見かける案内板には、次のような意味、目的があります。
・目的地までの道順・距離・方向などを表示する
・ビルや施設内に入っている企業や店舗の紹介
・道路工事などのお知らせを表示する

簡単に言えば、道案内をするため、工事などを知らせるため、ビル内や施設内に入っている企業や店舗を知らせるために設置される案内のことです。
案内板を設置することによって、利用者が迷わずに目的的にたどり着くことができ、利便性を向上させるのにも役立ちます。

どのような場所に設置されているのか?


様々な場所に設置されていますが、具体的にどのような場所に設置されているのか紹介します。
・駅構内
・道路上
・大型店舗や施設
・イベント会場
・観光地
などによく設置されています。
そのなかでも、日常よく目にするのが、駅構内にある案内板です。
駅構内に設置されている案内板には、路線の案内・乗り換えの案内・出口の案内・トイレの案内など様々な案内板が設置されています。
その他にも時刻表、路線図などがわかりやすく表示されているのです。

その他では、道路上でもよく見かけます。
主要道路や主要都市、隣接する市区町村に向かうために見やすい場所に設置されているのです。
車を運転しているドライバーがどちらの目的地に向かうために、どちらに進めばよいのかがわかるため、非常に重要な役割を果たしています。
大型商業店舗・施設・ビルなどでは、なかにどのような企業や店舗が入っているのかがわかりません。
しかし、フロアガイドなどを設置することで、訪れた人が、どこにどの企業や店舗が入っているのかがすぐにわかるというメリットがあります。
訪れた人達が迷わずに、目的の企業や店舗に行けるので、設置されているかどうかは非常に重要と言えるでしょう。

▼豊富な導入事例はコチラから
導入事例一覧

まとめ

街で見かける案内板には様々な意味や目的があります。
設置しておくことで、目的地まで正しく誘導できる、迷わずに済む、必要な情報をわかりやすく伝えられるなどのメリットがあるのです。
駅や道路上、大型商業施設やビルなど様々な場所で設置されています。
案内に使う看板のことなら、1個から気軽に作れるミセルをご利用くださいませ。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談