カラーコーンの正式名称とは?呼び方には様々なものがある

イメージ

工事現場や交通規制等などでよく使われているのが、「カラーコーン」です。
ただし、呼び方には様々なものがあります。
今回、このコラムでは、カラーコーンの正式名称とは何か、どのような目的で使用するのかについて解説していきますので、参考にしてください。

正式名称は?何と呼ぶのが正しいのか?

工事現場や交通規制などで頻繁に使用されている、カラーコーン。
人によっては、「パイロン」や「三角コーン」などと呼んでいる場合もあるでしょう。
まず、覚えておきたいのが「カラーコーンは、セフテック株式会社の登録商標である」ことです。
つまり、カラーコーンと言った場合には、セフテック株式会社の製品のことを示すことになります。
厳密に言えば、それ以外の製品はカラーコーンではないことになるでしょう。

カラーコーンはどのような場所で使われているのかについてですが、以下のような場所で使われています。
・工事現場
・交通規制
・イベントなどにおける列の整理
・スポーツ競技等における選手の誘導
などで使われているのです。

ミセル メッセージポール


ミセルには、ミセル メッセージポールがあります。
おしゃれなデザインとメッセージが表示できるポールです。
誘導・禁止・告知などの目的で利用するのに役立ちます。

他にも、「ミセル コーンメッセ」は非常にオススメです。
三角コーンを利用して、駐車禁止・駐輪禁止などのメッセージを伝えるだけでなく、イベント情報の告知に使えます。
ただ、三角コーンを設置するだけでは、告知ができませんが、コーンメッセなら様々な場所に設置するだけで、訴求力ずっと高められるでしょう。
コーンに被せるだけで使えるので、誰でも簡単に設置ができます。
今までは、ただの三角コーンだったものが、告知サインとして簡単に利用できるのです。
デザインテンプレートも様々な業種・施設でお使いいただけるように豊富に準備しております。
ぜひ、ミセルシリーズをご活用いただき、イベント情報や様々な告知を行ってみましょう。

▼詳細はコチラから
コーンメッセ

まとめ

カラーコーンは、工事現場や交通規制で使用するもので、セフテック株式会社の登録商標です。
カラーコーン以外にもパイロンや三角コーンなどと呼ばれることも多くなっています。
ミセルには、コーンに被せるだけで告知ができる商品やメッセージを表示できるメッセージポールがございますので、ぜひご活用いただければ幸いです。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談