効果的なPOP広告の作り方は?売上アップにつながるポイント!

イメージ

様々な店頭で見かける「POP広告」。
商品の説明やおすすめ商品の紹介などに利用されています。
主な目的は、販売促進ですが作り方によって効果は大きく変わるのです。
今回のコラムでは、売上アップにつながる、効果的なPOP広告の作り方について解説します。

POP広告は「誰に何を伝えるのか」を明確にするのがポイント

販売促進のために、イベントや店舗で利用されているのが「POP広告」です。
ただ、作ればよいというものではなく、ポイントを押さえて効果的なPOP広告を作ることが売上アップにつながります。
そのポイントとは、次のようなものです。
① 「誰に何を伝えるのか」を明確にする
② 商品やサービスの魅力、他との違い、アピールポイントを考える
③ わかりやすく、シンプルに伝える(具体的な数字なども使うとよい)
④ 実際に作って確認する
⑤ 文字の大きさや色に注意する

効果的なPOP広告の作り方として押さえておきたいのが上記の5つのポイントです。
最も重要となるのが、「誰に何を伝えるのか」。
つまり、ターゲットを明確にするということです。
例えば、「若い人向け」「高齢者向け」「プレゼント選びに悩んでいる人向け」など伝えたい人を決めるのがポイント。
それから、商品やサービスの魅力、他との違い、アピールポイントも書き込むとよいでしょう。
POP広告を作る際に、失敗してしまうのが「情報を詰め込みすぎてしまう」ことです。
伝えたい情報を全部書き込んでしまうと、結局何が言いたいのか、何が魅力なのか、が曖昧になってしまいます。
伝えたい情報は絞って、シンプルに、わかりやすく伝えるのがポイントです。
伝えるという点では、具体的な数字を使うとよりシンプルで、わかりやすいものになります。
例えば、「売れています」とだけ書かれたPOP広告よりも、「当店売上NO.1」の方がよいでしょう。
また、「本日のお買い得商品」と書くよりも、「本日20%OFF」と書かれた方がシンプルで情報が伝わりやすくなります。

POPは、パソコンで作る、あるいは手作りがありますが、どちらの場合も1度実際に作って確認してみるのがおすすめ。
実際に作ることで、どのように見えるか、見やすいか、目立ちやすいかなどが確認できます。

POP広告だけでは十分なアピールができないこともある

POP広告は、コストも抑えられますし、効果的なものを作成すれば高い効果も期待できるでしょう。
しかし、次のような問題点もあります。
○ 伝えられる情報が少ない
○ 大きさによってはお客さんに気づかれないこともある
○ 使えるPOPの数が制限されてしまう
○ デザインが難しい
○ 手書きのPOPはセンスが問われる

まず、大きな問題点としては、「伝えられる情報が少ない」ことです。
もちろん、POP広告にもいくつかの種類があります。
しかし、ほとんどのものはサイズが小さく、伝えられる情報が限られてしまうのです。
そのため、商品やサービスの魅力、特長、アピールポイントなどが伝えきれない場合があります。
それから、屋内・屋外どちらでも使えますが、大きさや設置する場所によっては、お客さんに気づかれない可能性もあるのです。

さらに、問題となるのが使えるPOP広告の数について。
効果的なものを作成しても、複数の商品やサービスに設置していると、どれがおすすめなのかがわからなくなります。
また、複数のものに設置することでPOPそのものが目立たなくなってしまうことにもなりかねません。
その他では、デザインに関する問題も考えられます。
デザインに関する知識がある人、自分でデザインができる人であればデザインについて悩むこともないでしょう。
しかし、そうでない場合にはどのようなデザインにすればよいのかわからなくなってしまいます。
作り方という点で言えば、パソコンで作成するのであればよいのですが、手書きで作成する場合には注意が必要です。
手書きの場合にはある程度のセンスが求められますし、時期などによって書き換えなければなりません。
時間が経つと色あせてしまうことや汚れてしまうこと、傷んでしまうこともあります。
POP広告は、コスト面などで大きな魅力もありますが、それだけでは十分なアピールにならない場合もあるのです。

ミセルの看板ならより効果的に売り上げアップにつながる


POP広告を利用するのもよいですが、さらに効果的な売り上げアップを狙うのなら、ミセルの看板がおすすめです。
ミセルの看板の魅力は、「リーズナブルな価格」「優れたデザイン性」「サイズや形状などの種類が豊富」「様々な分野・業界で使える」点。
ミセルの最大の特長は、ニーズに幅広く対応できることです。
屋内・屋外で使えるのはもちろん、用途・目的にあわせて様々なタイプの看板をご用意しております。
看板に入れる文言、会社のロゴマーク、写真などをご用意いただくだけで簡単に1個から看板が作成可能です。
それから、ミセルをおすすめする大きな理由が「優れたデザイン性」。
一般的に、「看板のデザインは難しい」というイメージがあると思います。
しかし、ミセルではシンプルなデザインのものから、おしゃれなもの、完全オリジナルデザインのものまで簡単に作れるのです。
その秘密は、「事前に用意されている100種類以上の豊富なデザインテンプレート」。
様々な分野・業界でご活用いただけるデザインテンプレートをご用意しておりますので、気に入ったデザインを選ぶだけで作れます。
ですから、デザインについての知識がない、デザインが苦手という方でも安心です。
売り上げアップを狙った集客目的の看板はもちろん、注意喚起、誘導、安全対策、規制、広告など使用目的にあわせて選べます。

POP広告では、伝えきれない、表現できないこともミセルの看板ならより多くの人にわかりやすく伝えられますし、細かい部分まで表現可能です。
使用目的だけでなく、設置場所からも選べるのが大きなポイント。
設置場所にあわせたサイズの看板を選べます。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

POP広告の場合は、比較的近くの人にしか商品の魅力やサービスの内容を伝えられませんが、ミセルの大型看板などを使えば、遠くの人にも魅力やサービス内容を的確に伝えることが可能です。
より多くの人にアピールできる、遠くからでもお店や会社、商品やサービスを認識してもらえるメリットがあります。
POP広告だけでなく、ミセルの看板を使うことで売り上げアップなどに大きく役立つと言えるでしょう。
リーズナブルな価格で、1個から作成できますし、注文前にお使いのパソコンから様々なデザインが試せます。
事前に試せるから、自分のイメージに近い看板が作れるのも大きなメリットと言えるでしょう。
ぜひ、ミセルの看板をご活用くださいませ。
弊社サイトでは、ミセルの活用事例を掲載しております。
どのような場所で、どのように使われているのかがご確認いただけますので、ぜひご覧くださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

まとめ

主に販売促進として使われているPOP広告。
コストがそれほどかからず、お店の商品やサービスを紹介できることから人気があります。
POP広告を作る際には、明確なターゲットを決める、商品やサービスの魅力や情報をシンプルに伝えることが大切です。
ただし、POP広告だけでは情報を伝えきれない、気づいてもらえない、使える数が制限されてしまう場合があります。
ミセルの看板を活用することで、より大きな効果を得ることができるはずです。
様々な形状・サイズがございますし、テンプレートからデザインを選ぶだけで、看板が作れます。
より多くの人に、わかりやすく、必要な情報を伝えるにはPOP広告ではなく、ミセルの看板がよいでしょう。

▼LINEで商品を探すこともできます。
ミセル公式LINE

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談