デジタルサイネージの最大の問題点とは何か?解決方法とは?

イメージ

デジタルサイネージは、大きな注目を集めています。
特定の分野や業界に限らず、様々な場所で活用されていますが、良い点だけではありません。
実は、問題点もあるのです。
今回は、最大の問題点とその解決方法について解説します。

最大の問題点は「コスト」

必要な情報を素早く配信出来る、リアルタイムで情報を配信出来るなど多くのメリットを持つデジタルサイネージ。
しかし、最大の問題点は「コスト」です。
例えば、次のようなものが必要となります。
○ ディスプレイ
○ ディスプレイに表示するコンテンツ(静止画・動画・音声・アニメーションなど)
○ インターネット環境
○ プロジェクター(環境や用途によって必要な場合)

ディスプレイなどは、購入もしくはレンタルなどで揃える必要がありますが、ある程度のまとまった費用が必要となります。
それから、初期費用だけでなく運用していくためにもコストがかかるのです。
インターネット環境、サーバー費用等の運用コスト。
経営者様や施設管理者様、店舗責任者様にとってこのようなコストは出来るだけ抑えたいというのが本音でしょう。
便利で管理も楽など魅力はあるものの、コストの問題が発生してしまうのです。

リーズナブルな価格で導入出来るミセルの看板

コスト面での問題を解決出来る方法の1つが、「ミセルの看板」を利用すること。
ミセルには、屋内・屋外で使える様々な形状・サイズの看板をご用意しております。
リーズナブルな価格で作れるのが大きな魅力です。
看板の場合、「内容を頻繁に入れ替えるのは難しい!」とお考えではないでしょうか?
しかし、ミセルの看板には、「差し替え式看板」がございます。
こちらの看板は文字通り、内容を差し替えて使用出来る看板です。
イベントの告知、季節のメニュー、セール情報、面接会場や試験会場等の案内等、幅広い使い方が可能。
また、差し替えについてはレールに沿ってスライドするだけなので、手間もなく力もいりません。
簡単に差し替えが可能ですし、コスト面で比較してもとてもリーズナブルです。
ぜひ、ミセルの看板をご活用くださいませ。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

まとめ

デジタルサイネージは、様々な情報を配信出来る、リアルタイムで情報配信が出来るなどの魅力があります。
しかし、導入には初期費用がかかりますし、運用コストもかかるためコスト面に大きな問題があるのです。
コスト面の問題を解決するには、ミセルの看板を活用するのがおすすめ。
リーズナブルな価格で導入・設置が可能です。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談