ロープパーテーションとは、どんなときに使用するのか?

イメージ

ロープパーテーションについてご存知でしょうか?今回このコラムでは、どんなときに使用するものなのか、どんな場所で使用されているのかについて解説していきます。

どんなことができるのか?

ロープパーテーションは、次のような場所で使用するケースが多いです。
・イベント会場
・銀行のATM
・チケット売り場
・スポーツ観戦
・ライブ会場・コンサート会場

様々な場所で使用されていますが、主な目的は同じです。
「並んでいる人の混乱を避けるため、列を整理するため」に使用しています。
ロープを使って簡単に、空間を区切ることができますので、非常に便利です。
また、立入禁止の場所に設置し、関係者以外が入らないようにするために使用することもあります。
大きなメリットとしては、設置が簡単であること、移動が容易であること、様々な使い方ができる点です。
設置したい場所に簡単に設置ができるので、人の流れをスムーズにコントロールするのに効果的と言えます。

ミセル メッセージポールとの組み合わせで屋外でも効果的に活用できる


ロープパーテーションは、屋外でも活用できます。
また、ミセル メッセージポールと組み合わせることで大きな効果を発揮するでしょう。
例えば、「駐車禁止」「駐輪禁止」「立入禁止」と書かれたメッセージポールを使用すれば、簡単に区切りたい場所を区切ることができます。
もちろん、禁止エリアだけでなく、喫煙可能なスペースや駐車可能スペースなどを区切って、明確にすることも可能。

ミセル メッセージポールは、拡張機能にも優れていますし、施設やイベントなど様々なシーン、場所で利用可能です。
誘導・禁止・告知などが簡単に行えるのも大きな魅力となっています。
また、メッセージポールのデザインについては、あらかじめ用意されているデザインプレートのなかから選ぶだけなので、デザインに関する専門的な知識がなくても簡単に作成できるのです。
弊社ホームページにはデザイン例も掲載しておりますので、お気軽にご覧くださいませ。
デザインや商品についてのお問い合わせは、弊社までお気軽にご相談ください。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

まとめ

ロープパーテーションは、イベント会場やライブ・コンサート会場などでよく使用されています。
簡単に空間を区切ることができ、「並んでいる人の混乱を避けられる、列を整理できる」ため使用されているのです。
設置が簡単で、移動も容易に行え、様々な使い方ができます。
ミセル メッセージポールと組み合わせて使用するとさらに効果的です。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定