案内サインの他にはどんな種類のサインがあるのか?

イメージ

街を歩いていると、様々なサインを目にします。
目的地までの案内として使われる「案内サイン」は、有名ですが実は他にもサインがあるのです。
今回このコラムでは、他にどんな種類のサインがあるのかについて解説します。

どんな種類のサインがあるのか?5種類のサインがある?

よく知られているサインには、「案内サイン」がありますが、サインには他にもあります。
案内サインを含めると、5種類です。
① 案内サイン 自分が現在いる場所や施設内の位置を示しています。フロアガイド、施設案内などとして利用されています。
② 誘導サイン 誘導サインは、目的の店舗や施設などの場所を示すために用いるものです。矢印等で方向を示す、あるは目的地までの距離を記載することで目印としています。
③ 説明サイン 説明サインは、施設の説明や利用案内等に使われます。また、美術館の展示品や動物園での動物の説明などにも利用されることがあるのです。
④ 規制サイン 駐車禁止・駐輪禁止・進入禁止・立入禁止など規制するために使われるサインです。
⑤ 告知サイン 告知サインは、工事現場やイベント会場などで使われます。工事予告や工事中であること、イベントの内容・日時等を告知するのに使われるサインです。

様々なサイン看板の作成はミセルが魅力的!

サインは、設置する場所や目的などにあわせて最適なものを選ばなければなりません。
また、見やすく、わかりやすいサインにしなければならないため、どうやって作ればよいのか迷ってしまう人も多いでしょう。
しかし、ミセルなら様々なニーズにあわせて最適なサイン看板を1個から、リーズナブルな価格で作成できます。
ミセル メッセージポールミセル タワーメッセミセル ホルダーなど様々な商品がございますので、幅広いニーズに対応可能。

ミセルでは、様々な業種・施設で使える豊富なデザインテンプレートをご用意しております。
デザインに悩むことなく、自分の理想のものをチョイスできるので、オススメ。
弊社ホームページには、デザイン例、活用例なども掲載しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

▼デザインテンプレートはコチラから
デザインテンプレート

まとめ

サインといっても案内サインだけではなく、他にも設置場所や目的にあわせて様々なサインがあります。
設置場所や目的にあわせて最適なものを設置することが重要です。
ミセルには、お客様の幅広いニーズに対応できる商品をご用意しております。
豊富なデザインプレートから選ぶだけで、理想のサイン看板が作成できるのです。
ぜひ、ミセルをご活用くださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談