サイネージとはどのような意味なのか?デジタルとの関連は?

イメージ

看板やポスターと同じように、様々な場所で見かけるようになったのが「デジタルサイネージ」です。
この聞きなれない「サイネージ」とは、どのような意味の言葉なのでしょうか?
今回は、「サイネージ」の意味について解説します。

サイネージとは「看板」という意味の英語

静止画だけでなく、動画や音楽、音声やアニメーションなどを表示出来るのが「デジタルサイネージ」の大きな特長です。
この聞きなれない、「サイネージ」とはどのような意味を持った言葉なのでしょうか?
サイネージは「看板」という意味の英語です。
「デジタル」とあわせて「電子看板(デジタルサイネージ)」という意味で使われています。
電子看板と言われるように、一般の看板とは異なり、電子機器(ディスプレイやプロジェクター)などを使って情報を発信するものです。
動画などを使うことで、より多くの人の注目を集めることが出来ることから設置するところが増えています。

歩行者に注目してもらうにはミセルのスタンド看板が効果的

多くの人の注目を集めるという点で、デジタルサイネージは魅力的です。
しかし、他にも歩行者の注目を集めることが出来る看板があります。
その1つが、「ミセルのスタンド看板」です。
ミセルのスタンド看板のメリットは、次のようなもの。
○ リーズナブルな価格で導入出来る
○ 自分で設置が出来るのでコストを抑えられる
○ スペースを取らずに設置が出来、移動も楽々
○ 様々な形状・サイズの物がある
○ 差し替えタイプなら内容の変更も簡単

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

ミセルのスタンド看板の大きな魅力は、「リーズナブルな価格で導入出来ること」です。
どうしても、デジタルサイネージの場合、初期費用や運用のコストがかかります。
コストに関する不安がありますが、ミセルのスタンド看板ならコストを抑えて導入が可能です。
また、自分で設置が出来、移動するのも簡単。
設置場所にあわせて、形状やサイズが選べるから、無駄なく設置が可能です。
差し替えタイプを使えば、内容の変更も出来るのでおすすめ。
他にもミセルには、多くの看板をご用意しておりますので、ぜひご活用くださいませ。

まとめ

「サイネージ」とは、看板という意味の言葉です。
デジタルと組み合わせて電子看板という意味で使われています。
リアルタイムで情報を配信出来、伝えたい情報を変更するのにも便利ですが、コストが一般的な看板よりもかかってしまうのです。
もっと、リーズナブルに導入でき、歩行者の注目を集められる看板がミセルの看板。
様々な形状・サイズがあるのでおすすめです。
ぜひ、ご活用くださいませ。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談