置き看板に電飾を施す効果とそのメリットについて解説

イメージ

置き看板は、街の様々な場所に設置されていますが、電飾が施されているものを多く見かけます。
置き看板に電飾を施すとコストもかかりますし、「なくてもよいのではないか?」と感じる人も多いでしょう。
このコラムでは、電飾を施す効果とメリットについて解説します。

電飾を施す効果とメリットについて

置き看板に電飾を施すと、通常よりもコストがかかります。
しかし、その分得られる効果やメリットも多いのです。
具体的な効果やメリットは次のようなもの。
・夕方や夜間の暗い時間帯でも鮮明にPRできる
・見た人に強いインパクトを与えられる
・多くの人の目を引きやすい
などがあります。
電飾が施されていないと、何が書いてあるのかがわからず、十分なPRができません。
しかし、電飾が施されていることによって夕方や夜間などの暗い時間帯でも鮮明にPRできるのが大きな魅力です。
さらに、光によって見た人に強いインパクトを与えることができ、印象に残りやすく認知度を上げる効果を期待できます。
また、暗い場所で光ることで、多くの人の目を引きやすいので、集客・宣伝効果にも期待できるでしょう。
電飾については、カラーはもちろんですが、数種類の発光パターンから選べるものもあります。
適切なカラーや発光パターンを選択することで、より効果的に活用することができるでしょう。
どのようなカラー、発行パターンが効果的なのかは、専門業者に相談するとアドバイスしてくれます。

ミセル照明カバーで効果的にPR


弊社のミセルシリーズには、ミセル照明カバーがございます。
この商品は、LED照明器具と組み合わせて使用することで、夜間でも店舗情報や広告を鮮明に、効果的にPRすることができるのです。
暗い中で鮮明に光る看板は、どこか幻想的で、見た目も美しいもの。
屋外に設置する置き看板には、ミセル照明カバーをご活用くださいませ。

また、メッセージポール用には、LED回転灯もございます。
夜間でもLED回転灯によって、注意喚起ができるので、こちらもあわせてご活用いただければ幸いです。

▼製品詳細はこちらから
ミセル 照明カバー

まとめ

置き看板に電飾を施すことで、様々な効果やメリットがあります。
夜間でも多くの人に店舗情報や広告を鮮明にPRできるのです。
さらに、カラーや発光パターンなどを変えれば、多くの人の目を引くことができますし、記憶にも残りやすくなります。
ミセルでは、置き看板用の照明カバーやメッセージポール用のLED回転灯などがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談