飛び出し注意の看板を設置する目的やメリットとは?

イメージ

道路や住宅街などでよく見かけるのが、「飛び出し注意の看板」です。
このコラムでは、設置する目的やメリットについて紹介します。

飛び出し事故を防ぐ目的で設置されている

道路や住宅街で目にすることが多い「飛び出し注意」の看板。
飛び出し注意の看板を設置する目的は、飛び出し事故を未然に防ぐため、ドライバーに注意を促すことを目的として設置されています。
車を運転している人であれば、よくご存知だと思いますが、すぐに止まることはできません。
もちろん、周囲の状況に注意しながら運転をしていますが、子どもが突然道路に飛び出してくることもあるのです。
例えば、ボール遊びをしていてボールを追いかけたまま道路上に子どもが出てくることがあります。
高齢者が横断歩道ではない場所で突然横断してくることもあるのです。
このような場合には、車と人が接触してしまい大きな事故に発展する可能性が高まります。
最悪の場合には、命を落としてしまうことにもなりかねません。
悲しい事故を未然に防ぐためにも設置することはとても重要です。

看板を設置するメリット


設置するメリットには、以下のようなものがあります。
・ドライバーに対して注意を促すことができる
・イラストによってドライバーに認識してもらいやすくなる

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

ドライバーは看板が設置されていない場所だと、人が飛び出してくることにそれほど注意を払っていません。
しかし、看板を設置することでドライバーに対して「人が飛び出してくるかもしれない」と注意を促すことができます。
また、イラストによってドライバーの目に入りやすく、どのような危険があるかを認識してもらいやすくなるのです。
看板を見ることで、注意を払うので、スピードを緩めることになります。
そのため、危険な事故を未然に防ぐのに大きく貢献してくれる可能性が期待できるのです。
危険な道路や周囲に公園・保育園・幼稚園・学校などがある場合には、悲しい事故を防ぐためにも設置が欠かせません。

まとめ

飛び出し注意の看板は、ドライバーに注意を促す、危険性があることを認識させることで悲しい事故を未然に防ぐという効果を期待できます。
看板を目にすることで、スピードを落とすので事故が起きるリスクを大幅に低減できるでしょう。
事故の発生する危険性が高い道路、公園・保育園・幼稚園・学校の近くなどには設置しておくのがおすすめです。
悲しい思いをする人ができるだけ少なくなるように設置を検討してみましょう。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談