案内板をユニバーサルデザインにしてわかりやすい工夫をする

イメージ

案内板を制作するのなら、多くの人に伝わりやすいように工夫することが大切。
その工夫とは、案内板を「ユニバーサルデザイン」にすることです。
今回のコラムでは、「案内板をユニバーサルデザインにすることで、なぜわかりやすく、伝えやすくなるのか?」について解説します。

様々な人が利用する案内板はユニバーサルデザインにする

私たちの暮らしの中には、多くの「案内板」が設置されています。
例えば、目的までの道順や距離等を示す案内板。
施設の案内、大型商業施設等に入っている店舗の案内版などです。
それから、駅では路線の案内・乗り換え・出口・改札口・トイレなどの案内版もよく見かけます。

このような様々な人が利用する案内板は、わかりやすく伝えるための工夫が必要です。
案内板を見て、理解できる人と理解できない人がいるようでは、案内板の本来の役割を果たしていないことになります。
多くの人にとって、わかりやすく伝えるためには「案内板をユニバーサルデザイン」にすることです。
簡単に言えば、特定の人ではなく様々な人の立場にとって、わかりやすく、使いやすいように工夫すること。

案内板であれば、次のようなものです。
○ ピクトグラムを使う
○ 大きな文字で表示する
○ 多言語表記にする
○ 点字サインを使う
○ 音声案内を行う

よく見かけるのが、ピクトグラムを使った案内板です。
文字で伝える場合、文字の意味を正しく理解してもらえればよいのですが、正しく理解できない、読めないケースも考えられます。
例えば、日本語で書かれているものは、日本人には理解できても日本語がわからない外国人には何が書かれているかがわかりません。
ですが、ピクトグラムを使い文字ではなく、視覚的に伝えれば内容を正しく伝えられる可能性が高まります。

それから、文字の大きさを工夫することも大切です。
小さな文字では読みにくい、遠くから読めないという問題がありますが、文字を読みやすい大きさに工夫することで、より多くの人に案内板を活用してもらうことができるでしょう。
また、公共施設や観光地などに設置する案内板は、外国人が利用する可能性も高いため、日本語だけではなく、英語など多言語表記にする工夫もされています。
それから、目の不自由な方が利用しやすいように、点字サインを使うのもよいでしょう。
点字によって、目の不自由な方が案内板に書かれている内容を正しく理解でき、有効活用してもらうことが可能となります。

その他では、文字や視覚的に伝えるだけでなく、音声案内が使われるケースもあるようです。
音声案内があれば、わざわざ案内板の文字を読まなくても書かれている内容が理解でき、より多くの人に内容を伝えやすくなります。

様々な立場の人のことを考えるのが、ユニバーサルデザインです。
案内板には、非常におすすめ。

ユニバーサルデザインの案内板を作るならミセル!


案内板は、不特定多数の人が利用するものです。
そのため、特定の人ではなく、多くの人にとってわかりやすいものでなければなりません。
では、そのような案内板を作るにはどうすればよいのでしょうか?

最もおすすめなのが「ミセル」です。
ミセルでは、様々なタイプの案内板の制作が可能。
ミセルの大きな特長は、1個から作れて価格がリーズナブルな点です。
デザインについても、あらかじめ様々なシーンでご利用いただけるデザインテンプレートをご用意しております。
そのため、デザインに詳しくない人でも、わかりやすく伝えられる工夫がされた案内板の制作が可能です。
もちろん、デザインテンプレート以外の完全オリジナルデザインにも対応しておりますので、ご安心くださいませ。

▼オリジナルデザインは以下のツールで作成頂けます。
デザインツール

また、様々な形状・サイズを取り揃えておりますので、設置場所にあわせて最適なものをご活用いただけます。
すでに、ミセルの看板は様々な場所で案内板として活用されているのです。
実際にどのような場所で活用されているのかは、活用事例を掲載しております。
ただ、案内板を設置するだけでは、十分な効果を得られない可能性があるため、様々な立場の人のことを考えてミセルで案内板を制作しましょう。
ミセルなら、きっとご満足いただける案内板が作れます。
案内板以外にも様々な看板の制作が可能ですので、あわせてご活用くださいませ。

▼製品一覧はコチラから
ミセルシリーズ一覧

まとめ

案内板は、多くの人の目に触れますし、多くの人が利用するものです。
そのため、わかりやすく伝えるための工夫が求められます。
わかりやすく伝えるための工夫としては、ユニバーサルデザインの案内板を制作することです。
特定の誰かではなく、様々な立場の人のことを考えて制作するのが重要。
ピクトグラムを使う、大きな文字を使う、多言語表記にする、点字サインや音声案内を使うなどがよく行われています。
案内板を制作するのなら、1個からリーズナブルな価格で作れるミセルがおすすめです。
ぜひ、ミセルをご活用くださいませ。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定
LINEで相談