集客効果を大幅アップ!A型看板のデザインや文字の大きさのポイントとは

イメージ

カフェやレストランの店舗前にはA型看板が設置されることが多いです。
デザイン性が高く、おしゃれな外観で歩いている人の目につきやすいため、A型看板を設置しようと考える店舗経営者もいるのではないでしょうか。
A型看板と一口で言ってもさまざまなデザインのものがあり、アレンジも豊富です。
ここではA型看板のデザインや、キャッチコピーについて解説していきます。

A型看板のデザインを決める3つのポイント

A型看板は2枚に板を組み合わせて作られているのが特徴で横からだと、アルファベットの「A」のような形に見えるためそう呼ばれています。
では、A型看板のデザインを決める際のポイントについて解説しましょう。

足付きと足なし

A型看板には足が付いているタイプと足なしのものがあります。
足がないA型看板は全体的にスッキリした印象を与えるほか、足が付いているタイプと比べて、同じ大きさでも情報を記載できる部分の面積が広くなるのが特長です。
また、足が付いているA型看板の中でも短めから長めのタイプまであり、それぞれ印象が異なるため、お店の雰囲気に合わせて選ぶといいでしょう。
長めの足付きのタイプでは、足の部分にボックスが付いているものもあります。
小物などを置きたいときなどに便利です。

大きさ・高さ

A型看板は全体的に見て、それほど大きい分類ではありません。
高さが1メートルから1.2メートル程度のものが主流です。
小さいタイプだと高さが1メートル未満で、1.3メートルを超えれば大型の部類に入ります。
大きい方が目立ちますが、小さな店舗の場合には、スペースが限られていることも多いです。
無理なく設置可能な大きさのものを選びましょう。
また、毎日閉店後に屋内にしまうなど動かす機会が多い場合には、小さめのタイプの方が無難です。

黒板・マーカーボードタイプ

A型看板の中には「ミセル ブラックボード・ホワイトボード」のように手書きで文字を書いて何度も消して書き直せるタイプもあります。
主に黒板のようにチョークで書くタイプと、ホワイトボードのようにマーカーで書くタイプのものです。
どちらもデザイン性が強く、お店の雰囲気に合うものを選ぶと訴求効果が高くなります。
ただし、雨などの際には十分に注意が必要です。

A型看板に適切なコピーと文字の大きさとは

A型看板には、メニューなどを書くことが多いです。
メニューに加えてキャッチコピーも書くと、魅力がより伝わりやすくなります。

コピーのポイント

商品やサービスの魅力を一言で表すフレーズが「キャッチコピー」です。
キャッチコピーがあることで、どんな商品・サービスなのかすぐ分かるため宣伝効果が高くなります。
キャッチコピーをつくる際に、なかなか上手い言い回しが思い浮かばないという人もいるかもしれません。
しかし、キャッチコピーは無理に上手い言い回しや、面白い言い回しを考える必要はありません。
商品やサービスに関して説明を付け加えるような形で書いたり、その商品やサービスに対する思いを一言で書くのがポイントです。

可読性

キャッチコピーは可読性も重視しなければなりません。
印刷する際に文字のフォントを選択しますが、フォントが違うだけで可読性にも差が出てきます。
珍しいフォントは人目を引きやすい一方で、読み間違えてしまう確率が上がってしまうというマイナスの側面もあります。
明朝体かゴシック体のように一般的で読みやすいフォントを選ぶと、読み間違いを防止できます。
明朝体は、資料やレポートなどに書くような長めの文章に適している書体です。また、ゴシック体は見出しや強調したい箇所に使うのに適しています。
上記の特性を活かすためにキャッチコピーはゴシック体で表記し、本文は明朝体で表すなど複数のフォントを使い分けて訴求効果の向上を図るケースもあります。
またキャッチコピーの文字の大きさは商品・サービス名よりも小さめにすると、商品・サービスが引き立てられます。

設置が簡単で大きな集客効果が期待できるA型看板

A型看板は比較的簡単に設置できて、小さな店舗でもよく使われています。
おしゃれなデザインのものが多いため、カフェなどの飲食店にピッタリです。
店舗に合わせたデザイン選びと、キャッチコピーを作ることで、さらに集客効果が期待できるでしょう。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定