【永久保存版】看板の種類を総まとめ!

イメージ

一口に看板といっても、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。。設置する看板の種類によって印象にも差が生まれるので、看板を設置する際には、場所や目的に合ったものを選ぶことが大切です。
そこで、今回は主要な看板の種類をまとめてみました。「ウチにはどんな看板がベストなんだろう」とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

看板の種類総まとめ!

ファサード看板

店舗名や駐車場の料金表などを入れる「集客用」の看板の代表格です。看板のデザインはもちろん、ライトアップや文字の立体化、フレームなどをお店の雰囲気にマッチさせることで集客効果を高めることができます。

壁面看板

壁面看板はファサード看板の一種で、建物の外壁にシートを圧着する方法で設置する看板です。凹凸がある箇所にも設置でき、他の工法で設置する看板よりも大規模な看板も設置可能。シートなので落下の心配がないことも大きな特徴です。
主に装飾や広告などを目的として設置されることが多いです。また、大きな商業施設の外壁に壁面看板が導入されているので、見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

ウィンドウサイン

窓やガラス製のドアなどに設置する看板で、お店や塾などの営業時間や料金、アピールポイントなどを示す目的で設置しているところが多いです。文字だけでなく絵やロゴなども入れられます。
窓やドアを利用するため、スペースに余裕がないところでも設置できるのが特徴で、床屋やクリニック、マッサージ店などの入口ドアによく設置されています。

切り文字

金属の板を曲げたり切ったりして立体的な文字の形を作り、それを組み合わせて看板を作ります。
切り文字を入れることで、おしゃれな印象をアピールすることができます。店舗やオフィスの入口上などに店名やロゴを設置するケースが多いです。

野立て看板

足付きの看板で、建物から離れた場所にも設置できます。主に店舗などに案内表示として活用されることが多いです。道路を車で走っていると、道路脇に何本も「〇〇スーパーメートル先左折」などの看板を一度は目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。夜間でもよく見えるようにライトを付けているものもあります。

突き出し、袖看板

突き出し看板、袖看板とは、建物の外壁などに設置する看板で、外側に突き出る形で正方形や円に近い形をしているものがが「突き出し看板」で、縦長のものが「袖看板」です。いずれも看板の向きは建物に対して垂直になっています。そのため、建物の前の道路を通っていく人からよく見えるのが特徴です。
狭い通りに面している店舗などでよく設置されています。

ポールサインの特徴とは

ポールサインというのは柱(ポール)に取り付けられている看板のことを指します。視認性が良く、遠く離れた場所からでもよく見えるのが大きなメリットです。
照明器具などを取り付けているものも多く、駐車場を設置している店舗などでよく使われています。
野立て看板とよく似ていますが、野立て看板よりも大きめでしっかりとした作りです。野立て看板は建物よりも低い場合がほとんどですが、ポールサインは4メートルを超える高さになることもあります。

4メートルを超える場合には、建造物と同じ扱いになるため注意が必要です。設置の際に建築確認などの手続きを行わなければなりません。4メートル未満でも野立て看板と比べると、設置工事にかかる費用がかなり高めなのがデメリットです。
大型の量販店やファミレスなどの大きなチェーン店などでよく設置されています。
小さな店舗などではあまり用いられませんが、携帯ショップだと小さな店舗でもポールサインを設置しているところが多いです。

設置場所や用途に合った看板を選んで集客に役立てよう

さまざまな種類の看板がありますが、設置場所や用途に合ったものを選ぶことが大切です。
狭い場所ならウィンドウサインがよく合います。
通っていく人に見てもらいたいなら袖看板、突き出し看板がいいでしょう。
そして、広いスペースを利用して集客に役立てたい場合にはポールサインの看板を設置してみるといいでしょう。
ミセルならオリジナルのデザインの看板を1個からでも作れ、低価格なのがポイント。ポールサインの導入をお考えの方は、ぜひ豊富なシリーズから設置場所にピッタリな看板を見つけてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧へ
閉じる チャットでもご相談いただけます
お選びください
決定